太ももを引き締めるには内ももの筋肉を鍛えること | 置き換えダイエットにおすすめの食品

太ももを引き締めるには内ももの筋肉を鍛えること

筋肉の中でも内ももの部分を鍛えることが、ダイエットをして太ももを引き締めるためは重要だといえるでしょう。太ももはなかなか細くなりにくい部位で、部分ダイエットの中でも難しいといわれているところです。足にセルライトや皮下脂肪がたまり、むっちりと太めになってしまっている人がたくさんいるようです。太ももをシェイプアップさせるには、内ももの筋肉を鍛えることです。

体の中でも内ももは、脂肪がつきやすく、そして脂肪を減らしづらい部分です。大腿骨と股関節を支える筋肉である内ももの筋肉は、内転筋といいます。日ごろほとんど使わない筋肉なので、いつの間にか足のももの部分に脂肪がついていることもあります。エクササイズで内転筋の内ももを鍛え、上手に下半身ダイエットをする方法がおすすめです。内ももに力を入れて左右の膝を押し付けるようにするために、両膝の間にボールや座布団を挟むようにする体操も有効だといいます。電車の座席に座っているとき、膝同士を押し合うだけでも内もものダイエット効果はあります。

内ももの筋肉がおとろえているかは、椅子に座って姿勢をチェックするだけでもわかります。内ももの筋肉が衰えている人は、膝同士が離れてしまうといいます。どのくらいの間膝、くるぶし、足先を合わせた状態でいられるか数えてみるとよく分かるでしょう。内転筋を鍛えて内ももを引き締め、下半身のダイエットを成功させたいものです。

内ももを鍛えるためのエクササイズの方法


効果的に内もものダイエットをする方法のひとつに、クッションや柔らかいボールを足の間に挟んで行うエクササイズがあります。内転筋という内ももにある筋肉は、腹筋とも関係のあるところです。ウエスト周辺もすっきりするうえ、良い姿勢になることも、内ももの筋肉を鍛えることで可能だといいます。特にバストサイズを減らさずにダイエットをしたい場合は、内もものエクササイズで下半身を引き締める方法がおすすめです。

クッションかボールを両脚に挟み、横向きの体勢になります。両脚を床から10㎝ほど持ちあげるのですが、そのとき下側の腕の上に頭を乗せ、反対側の手で体を支えましょう。息を吐きながら足を上げ、息を吸いながら足をおろすという動作を繰り返すことで、内もものダイエット効果があります。それぞれ右と左を10セットずつ行うと良いでしょう。内もものダイエットの中でも、道具を使わない方法が、1分足閉じダイエットと呼ばれるものだといいます。内側に太ももを寄せて足を閉じ、20秒を目安にお尻には中央にえくぼができるくらい力を入れるようにします。

座ったままの姿勢で行う時は、内もも、ひざ、ふくらはぎの中央、かかとまでをぎゅっと、1分間くっつけ続けます。1日に20回ずつ同じ動作をしてみましょう。内もものダイエット効果だけでなく、肩こりや冷え症の改善、骨盤の矯正効果もあると言われています。

内もものダイエットで器具を使用する方法

ダイエットをして内ももを引き締めたいと思っている人がたくさんいます。内ももは太ももダイエットにとって重要な部分ですが、いつもの生活で内ももを使うことはんめったにないといいます。スリムな太ももを手に入れるためにも、効率的にエクササイズなどで内ももの筋肉を鍛えるようにしましょう。

内ももの筋肉を鍛えるには、バランスボールが役立ちます。バランスボールの上に足を開いて座り、太ももを引き寄せるように、ボールを太ももで挟みます。体幹を真っすぐにキープしながらお腹も引きあげ、バランスを保つように心がけましょう。ゆっくりと太ももに力を込めて、またゆっくりと力を抜きます。内ももの筋肉を鍛えるメリットは、太ももの血流が促進されて、むくみにくくなるというものです。

ダイエット器具の中でも、内もものエクササイズに有効なのがレッグクィーンです。1分程度の運動を毎日することで効果がある、下半身を鍛えるための器具です。内ももの筋肉をきたえるために、脚の開閉をする道具だそうです。内ももだけでなく、下半身や下半身につながる胴回りの筋肉に刺激を与え脂肪の燃焼を促す効果があります。毎日地道にダイエットを続けたいという人には、折りたたみ式で場所を取らず、家でエクササイズができるのでおすすめです。自分に合った方法で内ももを鍛え、ダイエット効果を得るようにしましょう。

関連記事

定番食品から探すならこちら

当サイトについて

ページ上部へ戻る