ミキサーを使ったダイエットレシピを考えてみる

ダイエット食品には沢山の種類がありますが、ずっと使い続けるなら購入していくのは大変です。ですが今流行りのジューサーの機械もお手頃なお値段ではありませんし、自宅で作るといってもそれ相応の機械やお金が必要になるんじゃない?と思います。ジューサーも食物繊維を潰さずに、栄養素を取り除くといったすぐれものですが、私は家庭に一台はあるであろうミキサーを使って独自の置き換えダイエット食品を作りたいと思います。

ミキサーなら2000円位から購入できますし、洗いやすく使いやすいですもんね。ではレシピですが、お好みのフルーツを二種類くらい、でもどんな組み合わせでもいいわけではなく、酸味があるフルーツは酸味があるもの同士、甘いフルーツなら甘い同士と使い分けるのが重要です。

この意味は、反するフルーツ同士だと酵素が作られずに、お腹の中で腐敗してしまいます。ですが同じ種類のフルーツなら、ちゃんと酵素が作られ腐敗もしませんし、ガスもでません。食べ合わせというのは、体内にとても重要だということを皆様に知って欲しいですね。 のお好みのフルーツを入れてもらい、豆乳を注ぎます。この二つでも、シェイクのようにドロッとしたものになりますが、お腹持ちをよくしたいなら、絹豆腐を一緒に入れるのもおすすめです。

ドロッと感が増して、カロリーは多少高くなりますが食事一食分に比べると意外にローカロリーとなっています。これだけだと味に不安が残りますよね?フルーツや素材の味だけで十分という方なら、これでミキサーのスイッチをオンにしていただければOKです。足りない方は、お好みではちみつやブルーベリーソースなどお使いください。

味の幅もひろがりますし、毎日のレパートリーも増えていきますよね。フルーツばかりですと、ダイエットができているのか心配という方なら、同じようにチンゲン菜、バナナ、豆乳とはちみつという組み合わせもあっさりしておすすめです。

チンゲン菜の栄養素は高く、足りない栄養を補うのにぴったりです。現代ではアレルゲンを持っている方が沢山いますから、いくら無添加やオーガニックとうたっていても不安だという方もおられます。そうなれば、自分の家で作るしかありませんが、かえってその方が足りない栄養が分かりやすいですので、健康管理もしやすくなります。ミキサーがなくても始められるグリーンスムージーダイエットのような人気が出てきている商品もあり、愛用者の多い食品となっていますので参考にしてみるといいでしょう。

ダイエット食品を使うダイエット方法もしやすいと思いますが、頼りすぎて自分に足りない栄養素は補えずに、ちゃんと足りている栄養素ばかりを補ってしまうなどという事もありますのでご注意下さい。

関連記事

定番食品から探すならこちら

当サイトについて

ページ上部へ戻る