体型の悩みとおしゃれの方法

大勢の人が、自分の体型について悩みを抱えていると答えるようです。どんな服を着るかによって、実際の体型と異なる雰囲気を演出することができます。仮に加齢によって外見が変わっても、様々な体型で使えるような服を持っていれば、多様な使い方をすることができるでしょう。体型の悩みをカバーする基本は全身をシルエットとして見ることです。全体を見ることで自分の体型を客観的に見直すことができます。

体型の悩みを改善するには、気になる部分を解消するより、トータルを調節するような服を選ぶことでしょう。全身のコーディネートをすっきりさせるには、自分の体型に合ったラインを知ることも重要です。Iラインは直線的なシルエットになる服で、着た時の状態が長方形に見えるものです。Iラインは、ふくよかなラインの人が細い体型に見えるというメリットがあります。Xラインのファッションは、茶筒体型が悩みの種という人に向いています。ウエストは引き締め、衿と腰から下がふわっと広がっている状態がXラインの特徴です。下半身の太い体型の悩みがある場合にはAラインのシルエットが効果的です。

上に行くほど小さく、下へ向かうにつれて広がっているというものです。上半身のスリムさを際だたせるファッションです。体型の悩みは人それぞれですが、ちょっとした着こなしの工夫でカバーすることができるでしょう。

体型の悩みをカバーするおしゃれの方法とは

服装によって、コンプレックスの元になっている体型の悩みをカムフラージュすることができると言われていますが、具体的にはどうするのでしょう。気になる部分の体型に目がいかないような服を着ることが、体型をカバーする服の基本です。見た目の雰囲気は、小道具の配置の仕方や、デザインのポイントをどこに置くかなどによっても大きく違います。ウエストの太さや下半身の太さ、背の低さをカバーするには、スカーフや襟元のデザインで上の方にポイントを持っていき視線を上に集めましょう。

めりはりがない体型の人や、体が小さい人、太めな人は、縦ラインに目がいくような服や、小道具を使うようにしましよう。体型の悩みをカラーコーディネートによってカバーすることも可能です。色には人間の感情に働きかけ、連想による感情作用があります。人間の感性に、色がどのように働きかけるかを認識することで、体型と色との関係がわかるでしょう。白っぽい色はふくらんで見え、黒っぽい色は締まって見えるという特性があります。

膨らんで見える色といえば黄色です。黄色系の服は、ふっくらした人や、大柄な人が、体型を隠すために着る服には適していません。かなり太って見えるでしょう。痩せすぎの体型で悩んでいる人は反対に明るい色相の物を選ぶと良いでしょう。スリムな体型に見えるようにしたいという人は、黒、紫、カーキ色といった、彩度や明度の低い色が向いています。特に下半身によく用いられます。体型の悩みは洋服の選び方、着こなし方でかなりカバーすることができるのでいろいろと試してみると良いのではないでしょうか。

体型の悩み別男性の着こなし

体型の悩みは女性ばかりではなく、男性にもあるとされています。どんな服の選び方をすれば、男性の体型の悩みを解消できるような着方ができるものなてのでしょうか。細身であることを気にする男性は少なくありませんが、大きめの服を着たからといって体型の小ささは隠すことはできません。かえって短所が目立ってしまいます。大事なのは体型に合ったジャストサイズのものを選ぶことです。

撫で肩であることが悩みという人は、衿のサイズが大きくないものがおすすです。アイボリーなどは膨張色で、大きく見えます。痩せている体型に悩んでいる男性は太っている人よりも着ることのできる洋服の幅は広いので工夫してみましょう。背が高くないことを悩みに感じている男性は多いようです。これも体型の悩みです。身長が低い印象を人に与えないようにするには、上半身にアクセントを置くことです。

全体的な印象をしゃっきりさせるためにも、相手の目が上にいくような色づかいや服装をします。明るめの色のトップスを着たり、マフラーをするなどがおすすめです。自分にぴったりのサイズを着ることも大切です。上半身と、下半身の色に差がありすぎると、一層低身長に見えることがあります。背が低いという体型の悩みを持っている場合には、全体的にすっきりと統一感のあるおしゃれを心がけましょう。

関連記事

定番食品から探すならこちら

当サイトについて

ページ上部へ戻る